リフルで予約 リフレで予約 LINEで予約

TopicsCBDを愛用している有名人たち~海外編~

2021.08.07

こんにちは🌞リフルとリフレです!

本日は、CBDを愛用している海外の有名人たちを紹介していきたいと思います✨

 

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で、アサ科の植物に含まれる植物性カンナビノイドという化学物質の一種です。
カンナビノイドには100を超える種類がありますが、CBDはこの数多くあるカンナビノイド成分の中で、現在最も薬理効果を期待されている非精神活性化合物と言われています。
このCBDを超臨界二酸化炭素法などを用いて産業用大麻(ヘンプ)から安全に抽出し、加工したものがCBDオイルです。

 

現在、250種類以上にのぼる医療への有効性が確認されており、今後の医療発展に必須な成分だとされています。

 

健康に生きていくために私たちの身体の中には、エンド・カンナビノイド・システムという身体調節機能が備わっています。
エンド・カンナビノイド・システムは食欲、痛み、免疫、感情、運動、発達・老化、神経保護と認知記憶などを司り、細胞間のコミュニケーション活動を支えています。

そのため、エンド・カンナビノイド・システム の働きが乱れると、病気になったり心身に不調が現れます。

CBDは 心身調節機能を司る「エンド・カンナビノイド・システム」を活性化する効果があるとされ、調節機能を正常に保つ効果を持つといわれています。
身体の調節機能そのものに働きかけるため、多種多様な効果をもたらすという訳です。

 

 

下着の有名ブランドであるヴィクトリアシークレット。そのモデルたちの事を世間ではヴィクシーエンジェルズと呼んでいます。

ヴィクシーエンジェルズとして有名なアレッサンドラ・アンブロジオはショーの前日には必ず8時間の睡眠と、CBDを用いているそうです。緊張感の緩和と心身共にリラックスさせることが目的だそう。

 

海外では若い女性の間で“美の象徴”とされているヴィクシーエンジェルズですが、メンバーに選ばれるには「身長176.5cm以上、ウエスト61cm以下」という厳しい厳しい基準が設けられているそう…。

 

身体のラインだけでなく、女性としての生き方・考え方なども評価対象となっており、オーディションを通過できるのは2000人のモデルのうちわずか一握りなんだとか…。

 

 

日常的にトレーニングを行っている彼女たちは、美容健康への意識が非常に高いことでも有名。ヴィクシーモデルが愛用中となると、CBDへの効果にも期待が高まりますね!

 

他にも、「ショーシャンクの空に」で知られるモーガン・フリーマンは鎮痛剤としてCBDを用いているそうです。
2008年に起きたじ自動車事故をきっかけに、左腕に線維筋痛症の後遺症を残してしまったんだそう。ハリウッドで活躍する名優である彼にとっては相当辛い生活を強いられることとなったでしょう。

後遺症の鎮痛剤としてCBDとTHCの両方を使用しているようです。モーガン・フリーマン本人は大麻の合法化を指示しているそうで、CBDやTHCを用いた治療の有効性を彼自身で証明しているようです。

 

 

もっともセクシーな女性に選ばれた、オリヴィア・ワイルドもCBD愛用者の一人です。

オリヴィア・ワイルドといえば、映画「TIME」やドラマ「The O.C.」などに出演しており、日本で公開される映画でもよく目にする女優の一人ですよね。

 

彼女も雑誌のスキンケア取材の際にCBDを使用していると語っています。

「私は大麻から抽出されたCBDが入っているボディローションを使っているわ。ロード・ジョーンズというブランドで、LAに住む友人が教えてくれたの。最近、6ヶ月にわたってブロードウェイの舞台に出演したんだけど、体は疲れてくたくただった。首もすごく凝ってしまって。CBDにはリラックス効果があるし、鎮痛剤の使用しすぎも防げるのよ」

 

映画「天使にラブソングを」で有名なウーピー・ゴールドバーグ。
大スターである彼女は、その人気故に多忙な毎日を送っており、相当なストレスを抱えていたそうです。さらに、彼女は緑内障を患っていたそうで、ストレスと症状の緩和のためにCBDの使用をはじめたんだとか。

その後、彼女はCBDの効果・効能に魅了され、CBD製品を扱う会社を設立したそうです。会社設立にはウーピー・ゴールドバーグ本人と、友人のMayaさんが携わっており、二人の名前にちなんで「whoopi & maya medical cannabis」と名付けられました。

 

whoopi & maya medical cannabisのロゴ

 

「whoopi & maya medical cannabis」では女性特有の症状である生理痛(PMS)を緩和するCBD製品や、カカオ商品が多く販売されています。

 

まだまだいてますよ✨

 

パーキンソン病を患っていることで有名なマイケル・J・フォックス。パーキンソン病の症状を緩和するために日常的にCBDを用いているようです。

さらに彼はパーキンソン病をもっと研究し、世のパーキンソン病患者を救おうと「マイケル・J・フォックス財団」を立ち上げたそう。

マイケル・J・フォックス財団が行った研究により、CBDがパーキンソン病の症状を和らげるという発見に至ったそうです。マイケル・J・フォックスはCBDの研究に大きな影響を与えた人物と言っても過言ではありませんね!

 

世界的に有名な歌手であるマンディ・ムーアさんは、ゴールデングローブ賞に出席する際、長時間ヒールを着用していました。その際、彼女はむくみ予防・鎮痛効果を期待してCBDオイルを使用したそうです。

ショーの前日に彼女はこう語っています。

 

「今年はスタイリストが勧めてくれたので、足にCBDオイルを塗るわ。彼女に麻酔クリームのようなものはないかと聞いたら、『ないけれど、ロード・ジョーンズのCBDオイルを試してみて』と言ってくれたのよ。だから今夜は楽しみ!今年は浮いているように歩けるかもしれないわ」

 

歌手として成功を収めただけでなく、女優としても引っ張りだこの彼女。授賞式などに出席する際に着飾ったドレスや高いヒールを履く機会も多くなってきたそう。そんなときにCBDローションを用いて、足の痛みを軽減させているようですね。

 

ネイト・ディアスはアメリカ合衆国の総合格闘家の一人。コナーマクレガー氏との試合後、記者会見の際にCBDベイプを吸引していたことで話題を呼びました。

ネイト氏はCBDベイプに関して

「炎症や傷を癒す効果がある、試合やトレーニングの前に使用すると集中力がたかまる』

と語っているんだそう。

 

総合格闘技といえばパンチやキック、投げ技など様々な技を繰り出す競技のため、怪我を負うのは日常茶飯事。そんな時の疲労回復アイテムとして、CBDは人気を高めているようです。

 

格闘技以外でも幅広いスポーツの分野においてCBDは取り入れられてます。

 

思っていたより身近な存在なのです😊

 

リフルとリフレでは、海外セレブ達と同じような体験ができる数少ないサロンです。

気になった方はどんな質問でも結構です。お気軽にご相談くださいませ✨

 

 

 

 

 

あなたの生活が今より少しでも華やかで健康になりますように。

我々にサポートさせてくださいませ。

 

皆さまのご予約・お問合せ、心よりお待ちしております。